ワールドカップ

2011年3月22日 (火)

ワールドカップ&ヨーロッパカップ最終リザルト

ワールドカップも最終戦がおこなわれ、今シーズンの全てのレースが終了しました。
今季のサロモンレーシングチームの戦績をお伝えしたいと思います。

【サロモンレーシングチーム4勝を含む、FISワールドカップで20の表彰台獲得】

★男子のスーパーGとダウンヒルで4勝!スーパーG1勝とダウンヒル3勝。さらにダウンヒル総合得点のTOP 11に5人のサロモン選手がランクイン

クラウス・クレル(オーストリア)は彼のキャリア最高となるダウンヒル総合3位。ウェンゲンの優勝を含む3度の表彰台獲得。

ハンネス・ライチェルト(オーストリア)がスーパーG総合5位。ヒンターステューダーでは1勝を挙げた。今季はトップシーンに復活し、2011年世界選手権でスーパーGの銀メダルを獲得。

ロメッド・バウマン(オーストリア)が滑降とスーパーGで初の表彰台獲得。スーパーG 総合5位、ワールドカップ総合でも7位獲得。

★5人のフランス選手がサロモンと共にキャリア初のワールドカップ表彰台を獲得

エイドリアン・テオーはレンツァハイデのダウンヒルで初優勝を果たした。キッツビュールDHとビーバークリークのスーパーGで見事に表彰台を獲得した。彼はまた、ダウンヒル総合の6位に入った。
Theaux
C Penta Photo

スティーブ・ミシリエ ヴァルディゼールSL3位
Action_missiliersoldengs_pentaphoto
C Penta Photo
ナスターシャ・ノーエン フラッハウSL3位

アレクシス・ピントロー クラニスカ・GS2位

トーマス・メルミロッド バンスコスーパーコンビ3位

★スイスの二つのタレントが輝きはじめた

ビート・フェウズは、2007年世界ジュニアチャンピオン。クビートフェルDHで最初のワールドカップの勝利を挙げた。ダウンヒル総合でもトップ7入りを果たした。
Action_feuz_soeldengs09_pentaphoto_
C Penta Photo

パトリック・クエングは、昨シーズン彼の初の表彰台をダウンヒルで挙げ、今季のボルミオで4位、クビートフェル5位と上位に安定、ダウンヒル総合11位でシーズンを終えた。

★3つの新しいスター候補がヨーロッパカップを支配

アレクシス・ピントロー(フランス)は、ヨーロッパカップ総合ランキング優勝、世界ジュニア選手権GSチャンピオンのタイトルを獲得した素晴らしいシーズンを達成しています。加えて、彼はワールドカップのヒンターステューダーGSで2位も獲得した。
Action_pinturaultsoldengs_pentaphot
C Penta Photo

ジョヴァンニ・ヴォルソッティ(イタリア)は、ヨーロッパカップGS総合2位を獲得し、素晴らしいシーズン(アレクシスの次)を達成し、来季のワールドカップ出場権を獲得。

ヴィテュス・ルオエンド(スイス)は、ヨーロッパカップDH総合3位。来季のワールドカップ出場権を獲得。

★二人のスラローム"DIVA″がトップ10入り

ベロニカ・ズズロヴァ(スロバキア)は、後半調子を上げ、ワールドカップスラローム総合の5位で終了した。今シーズン表彰台2回達成。

ナスターシャ・ノーエン(フランス)は、初の表彰台とトップ10をいくつか達成。スラローム総合8位でフィニッシュ。

おめでとう!すべてのサロモンチャンピオンとレーシングチーム。また来季も活躍を期待!

Hiroaki.Horikawa

2011年1月17日 (月)

ワールドカップリザルト更新:ウェンゲンDH優勝 他

サロモン高速系のエース クラウス・クレル(AUT)がウェンゲンのDHで優勝しました。
11227

2位、3位に地元スイスのクーシュとヤンカを従えての自己3勝目となります(DH2勝、SG1勝)

佐々木明選手は2本目DQ、残念ですが、この後のキッツビューエル、シュラドミングでの爆発に期待しましょう。

サロモンレーシングチームは今季好調にポイントを積み重ねています。
最新のリザルトです。

SL WC WOMEN 11/01/11 FLACHAU – AUT
3 NOENS .Nastasia
5 ZUZULOVA .Veronika
*NOENSは88年生まれのフランスの新鋭。今季第一シード入りし、早くも表彰台到達。

SC WORLD CUP MEN 14/01/11 WENGEN – SUI
7 THEAUX.Adrien
12 VILETTA .Sandro
13 BAUMANN.Romed

DH WC MEN 15/01/11 WENGEN – SUI
1 KROELL.Klaus
6 BAUMANN.Romed
13 THEAUX .Adrien

SL WORLD CUP MEN 16/01/11 WENGEN – SUI
16 Missillier.S

ヨーロッパカップでも大活躍です。一つ下のカテゴリとはいえ、トップはワールドカップレベルです。
フランスのピントローは91年生まれ。ワールドカップではまだ結果でていませんが、これから来るかもです。
DH EUROPA CUP MEN 12/01/11 PATSCHERKOFEL AUT
1 LUOEND .Vitus
2 KROELL.Johannes

GS EUROPA CUP MEN 15/01/101 KIRCHBERG AUT
1 PINTURAULT.Alexis
2 BORSOTTI.Giovanni

GS EUROPA CUP MEN 16/01/101 KIRCHBERG AUT
1 PINTURAULT.Alexis

Hiroaki.Horikawa

2010年12月20日 (月)

ヴァルガルディナDH ロメッド・バウマン2位

将来を嘱望されているサロモンレーシングチーム ロメッド・バウマン(AUT)がついにDHで初の表彰台到達。
SG、GSでコンスタントに成績を上げていましたが、DHでも頭角を現しました。
近い将来の総合タイトルを狙えるというレーシングディレクターの予言が現実に近づいています。

10990


Hiroaki.Horikawa

2010年12月17日 (金)

ヴァルディゼールWC SL サロモンニューカマーが3位表彰台

12日にフランス ヴァルディゼールで行われたワールドカップ 男子SL第2戦において、今季からサロモンマテリアル使用のスティーブ・ミシリエが自身最高位の3位表彰台を獲得しました。
サロモンレーシングチーム、特にスラロームに関しては、久々の表彰台であり、年明けのレースにさらに期待が膨らみます。
今回途中棄権の佐々木明選手も中間までは非常に良い滑りでした。こちらも次に期待です。

10878

10879


Hiroaki.Horikawa

2010年11月12日 (金)

佐々木明 FISワールドカップ スラローム開幕戦へ

今週末、いよいよ10/11FISワールドカップ SL第1戦がフィンランドのLEVIで開幕します。

日本チームのエース佐々木明選手も順調な仕上がりと現地サービスマン伊東氏より報告入りました。
1

レースは日本時間14日(日)17時(現地10時)から。
テレビで、もしくはネットのライブタイミングで、応援しましょう。
J-Sports 放送予定
FIS Live Timing
このレースには湯浅選手も出場予定です。


13日(土)は女子のレース、こちらは長谷川選手と岡本選手が出場予定のようです。
こちらも応援しましょう。

今シーズンも、頑張れチームジャパン!


2


Hiroaki.Horikawa

2010年10月25日 (月)

セルデンWC報告

男子GSが開催されましたが、2本目に濃い霧が発生したため、残念ながらキャンセルとなりました。
松本勲人選手は1本目ビブ73番からスタートしましたが、タイム差は6秒ほどあったようです。
非常にタフなコースと、後半の荒れの中、初レースを良く戦ったと思います。
私は今回、伊東サービスマンの代打でスタートまでのサポートをさせてもらいました。
2日間の短時間でしたが、私にとっても忘れられない日となりました。

会場には多くの日本人が応援に駆けつけていました。
サロモン合宿メンバーとの一枚です。
この中から次のWC選手は出るか??
Soelden


Hiroaki.Horikawa

2010年10月23日 (土)

セルデンWC開幕戦 松本勲人出場

いよいよ10/11シーズンのアルペンスキーワールドカップが開幕します。
明後日の男子GSには、今回初のWC出場となるサロモンレーシングチーム松本勲人が日本人ただ一人のエントリー決定。
セルデンのホテルで会った松本選手の写真を1枚。
臆することなく、戦ってほしいと思います。
(室内のため暗い写真で申し訳ないです)
20101022211310


Hiroaki.Horikawa

2010年1月 7日 (木)

佐々木明 WC SL第3戦でも15位!

佐々木選手が立て続けにやってくれました。
クロアチア ザグレブでおこなわれた今季第3戦で15位です。
12月のイタリアでのWCでも16位となっており、調子が上がっていると聞いていましたが、さらに上向きなようです。
スタートリストも現在45番ですので、この結果で上がってくることでしょう。
1月だけであと5レースありますので、第一シードも見えてくるのでは?
期待して応援しましょう!
20100106_190118


Imga0307

Hiroaki.Horikawa

2009年12月22日 (火)

佐々木明WC SL第2戦で16位!

すでにご存知の方も多いと思いますが、昨日のFISワールドカップ男子SL第2戦において、日本のエース、佐々木明選手が16位に入りました。
2本目では8位のタイムを記録し、ビブ44という不利な状況から大きくランクアップを果たしました。
ここまでのヨーロッパカップでも調子が上がっていたようでしたので、オリンピック選考のかかったこのレースで素晴らしい集中力・パフォーマンスを発揮したといえるでしょう。
湯浅選手、皆川選手も30位以内と、まずは基準突破という成績を残しました。
今後も佐々木選手を、そして日本チームを応援しましょう!

(写真はレヴィでの画像です)
Sasaki_levi

Hiroaki.Horikawa

2009年12月21日 (月)

FIS WC男子GS サロモンが1-2フィニッシュの快挙!

トップニュースでもお伝えしているとおり、FISワールドカップの男子GS第4戦において、MAXブラルドーネとダビデ・シモンチェリというイタリアのGSスペシャリスト二人が1-2フィニッシュを果たしました。
地元でのレースでワンツーはすごいことですね。盛り上がったことでしょう。
サロモンレーシングチームにとっても、技術系の勝利は久々です。
パワーラインテクノロジーの優位性を証明したレースといえるでしょう。
今日はSLです。こちらも期待です。

20091220_144200_a

20091220_164034_a

Hiroaki.Horikawa