大会

2011年12月 8日 (木)

中国FEC 総リザルト

中国で開催された、FECにてサロモン使用選手の活躍が目立ちました!

[MENS_SL_1]
1 Jung Don-Hyun
2 Takeda Ryu
3 Minagawa Kentaro
8  Ishi Tomoya

[MENS_SL_2]
1 Minagawa Kentaro
2 Jung Dong-Hyun
3 Shin Masanori

7 Ishi Tomoya

期待の成田秀将選手は、1本目2位につけたが、2日間共に痛恨のアウト・・・

[MENS_GSL_1]
1 Ishi Tomoya
2 Jung Dong-Hyun
3 Sato Sho

7 Narita Hideyuki

[MENS_GSL_2]
1 Sato Sho
2 Takeda Ryu
3 Narita Hideyuki
5 Ishi Tomoya


石井智也が1戦目に見事優勝!!
2戦目も1本目はラップタイムでしたが、残念ながら結果は4位。1月の韓国に期待です!

[LADIES_SL_1]
1  Hanaoka Moe
2 Atomura Akane
3  Hasumi  Konatsu
8  Mizukuchi  Kaori
9  Ishikawa  Haruna


[LADIES_SL_2]
1 Hanaoka  Moe
2 Hasumi Konatsu
3 Takeda Minami
8 Ishikawa Haruna

[LADIES_GSL_1]
1 Hanaoka Moe
2 Kawaura Asuka
3 Sanada Hibari

4 Hasumi Konatsu
9 Mizukuchi Kaori
10 Ishikawa Haruna

[LADIES_GSL_2]
1 Hanaoka Moe
2 Hasumi Konatsu
3 Mukogawa Sakurako

7  Kawaura Asuka
8 Ishikawa Haruna
10 Mizukuchi Kaori


多くの選手が活躍してくれました。
特に蓮見小奈津選手は3レースで表彰台です。ラップタイムを出している事も多いので、
この後のレースに期待です。


この中国シリーズでは、限られた環境の中で、多くのサロモン使用選手が優勝争いをしていた事が印象的です。また、層の厚いサロモンチームとも言えるでしょう。
今後もこの争いに若手が食い込んでいけるよう、サロモンでは引き続き、選手育成・強化に力を入れていきます!
サロモンチーム選手の活躍に期待してください!!!




TAKESHI KANEDA

2011年12月 5日 (月)

石井智也選手 FEC GSで優勝

12月3日 中国 万龍リゾートスキー場
ファーイーストカップのGS(1戦目)において、サロモン使用の石井智也選手(東海大)が今季初優勝!
ワールドカップ出場選手の実力を見せてくれました。
4日の第2戦は5位でしたが、この後1月の韓国シリーズ、2月の日本シリーズでも活躍を期待したいと思います。
Fec_ishii_gs


Hiroaki.Horikawa

2011年3月31日 (木)

岩岳学生大会【基礎】レポート

少々前になりますが、2月27日~3月4日、学生の基礎スキー大会の頂点、【第38回全国学生岩岳スキー大会 基礎の部】が開催されました。
サロモン学生デモチームの活動と大会全体のレポートです。

参加チーム109チーム
(複合チームもあるので実際はもう少し多いと思います)
参加総数1704名
  男子・・・1134名
  女子・・・570名
    (参加総数はスタートリストからの割り出しなので、実際のDSを考えると総数から-50~70名くらいが実際の参加者だと思います)

大会レベルとしては大会上位者は全日本技術選予選を勝ち抜けるレベルまで来ています。長野県、新潟県、北海道などの激戦区は別として
その他の地方予選なら実際勝ち抜き全日本に出場している選手もいます。
男子優勝の選手は北海道予選でもう少しで全日本枠に入りそうでした(テクコンで全日本に出ているかも)
女子2位の選手も愛知県から全日本に出ています。
その他数名全日本選手がいると思います。

激戦区で全日本が絡んで来る選手にとっては岩岳学生もステップの内の一つかもしれませんが、ほとんど全ての学生にとって岩岳学生はまず目指すべき大きな目標になっています。
チームによっては大会レベルが違うのでとの理由で出てこないチームも未だにあります。
サロモン学生チームはまさしく岩岳学生での上位入賞を狙っています。
昨今では学生チームの選手も積極的に全日本の地方予選にチャレンジもしています。

サロモン学生チームは、次の新人加入で13代目か14代目くらいになると思います。
かつては特定の所属チームの選手が中心でしたが、今はその枠を出たところからの加入希望の声の方が多いです。
各大学チームとは基本的には一線を画し、メーカーチームなのでしっかり岩岳での上位(もしくは全日本出場)を目指し、夏場からもしっかりとモチベーションを保つことを言っています。

12月にシーズンイン合宿、2月中旬に岩岳前合宿、3月にほもう一度合宿を予定。GWには来期スキーテストも含めて合宿。その他にも加盟選手は各大学チームの合宿があります。
今回岩岳では上位入賞者が男女1名づつでしたが、そのあとに続く選手に2・3年生が控えていること、今期全日本に標準を合わせていた一部選手が来期また岩岳に出場すること、さらには新しい加入選手を考慮すれば個人シードはもちろん表彰台も狙っていけます。

今年は個人戦男女1名づつ入賞しました。
男子個人戦 9位 奈良崎太志(信州大学基礎スキー部4年)
Img_23071
女子個人戦 8位 櫃間優子(日本体育大学基礎スキー研究会4年)
Img_22751

その他シード権内成績選手
男子
15位 舟根拓那(早稲田大学ベーシックスキークラブ4年)
31位 高橋一樹(新潟大学学友会基礎スキー部3年)
36位 北尾啓祐(新潟大学学友会基礎スキー部2年)
41位 笹井和也(日本体育大学基礎スキー研究会4年)
48位 佐藤優(駒沢大学シルバーフォックススキークラブ3年)
49位 横尾勇樹(早稲田大学スキー同好会WSS3年)
女子
14位 中島有香子(信州大学基礎スキー部3年)
17位 内田遥(新潟大学学友会基礎スキー部2年)
25位 森田絢(大阪大学JUNGFRAU4年)
30位 渡部聖佳(日本女子体育大学SNOWWHITE4年
36位 上田麻衣(中央大学BambooSkiingClub2年)

3年、2年も数名個人シード権を得ています。
来期も表彰台を狙っていきます。
加入希望者は、是非、サロモン学生チームコーチ・スタッフまでコンタクトをとってみてください。

Img_23631

最後になりますが、この度の東北関東大震災に際し、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
今回レポートした岩岳基礎の部は時期的に地震前だったため開催されましたが、競技の部は中止となっています。
東北地区の仲間のことを考えると、これは当然の判断だったと思います。
被災地域の一日も早い復興を祈るとともに、全国のスキーを愛する学生たちが再びスキーにうちこめるようになること、また学生たちの目標である岩岳学生が来年は開催されることを願っています。


Hiroaki.Horikawa

2011年3月17日 (木)

サロモンカップ中止のお知らせ【更新】

サロモンカップ中止のお知らせを更新します。

【中止】
・白馬五竜スキー場
 第38回白馬五竜サロモンジュニアカップ
 (3月30日)
リンク:五竜イベントHP

*15日のブログで中止ご案内済み
・雫石スキー場 
 SALOMONCUP 第27回雫石ジュニアアルペンスキー大会
 (3月19日1デイトレーニング 3月20日GS 21日SL) 

・松之山温泉スキー場
 第19回NSTサロモンカップジュニアアルペン大会
 (3月19日GS) 

以上です。

なお、以下の大会については現時点で中止の情報はありませんが、参加を予定されている選手は今後の情報に注意してください。

・軽井沢スノーパーク
 第1回サロモン・ジュニアカップ
 (4月1日トレーニング、4月2日SL、3日GS)


被災者ならびに関係者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
参加を予定されていた選手の皆様には何卒、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

Hiroaki.Horikawa

2011年3月15日 (火)

サロモンカップ中止のお知らせ

3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震に伴い、以下のサロモンカップは中止となりましたので、ご案内致します。
被災者ならびに関係者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
参加を予定されていた選手の皆様には何卒、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

【中止】
・雫石スキー場 
 SALOMONCUP 第27回雫石ジュニアアルペンスキー大会
 (3月19日1デイトレーニング 3月20日GS 21日SL) 
リンク:雫石スキー連盟HP
・松之山温泉スキー場
 第19回NSTサロモンカップジュニアアルペン大会
 (3月19日GS) 
リンク:松之山公民館HP

以上です。

なお、以下の2大会については現時点で中止の情報はありませんが、参加を予定されている選手は今後の情報に注意してください。
・白馬五竜スキー場
 第38回白馬五竜サロモンジュニアカップ
 (3月30日)
・軽井沢スノーパーク
 第1回サロモン・ジュニアカップ
 (4月1日トレーニング、4月2日SL、3日GS)

Hiroaki.Horikawa

2011年3月 3日 (木)

全日本スキー選手権

第89回全日本スキー選手権が、野沢温泉スキー場にて2月27日、28日、1日と開催されました。
201102271216001

27日(日)
男子SL
今回はカンダハーの東コースという、難易度の高いコースを使用して、久々にSLがおこなわれました。
天気も快晴に恵まれました。朝は硬くしまっていましたが、天気が良すぎ、10時近くには緩んできてしまいました。
男子の優勝は武田竜選手で、本人にとっての全日本初タイトルとなりました。
サロモンチームでは、特筆すべきは高校2年生の成田秀将選手です。
1本目の緩斜面で止まってしまい、スイッチバック、、ですが、途中棄権者が多かったため20位で2本目に進出しました。
悔しい中で迎えた2本目には、気合の入ったフルアタックを見せて、全選手中ダントツのラップタイムをマーク(56.77 2位は57.58)し、一気に4位まで浮上しました。今後に期待のもてる素晴らしいパフォーマンスでした。
滝口翔平選手が8位入賞。

女子SL
サロモン女子のエース、星瑞枝選手が1本目ラップ、2本目は途中であやういミスを犯すも、2番目のタイムを出し、合計0.07秒差で逃げ切りました。白馬のSGと合わせて全日本2冠達成です。
4位に武田未波選手、8位に川浦あすか選手が入賞です。

28日(月)
男子のGSがおこなわれる予定でしたが、濃霧のため安全性が確保できず、6名が滑った時点でキャンセルとなりました。
代替は4月のスプリングシリーズの際におこなわれるようです。

1日(火)
女子のGSです。
東コースに、非常にインターバルのある、大きな振り幅のセットがたちました。
急斜面で恐怖感があると思うのですが、ターン前半に探らずに、ラインをつなげて攻めてくる気持ちが必要でした。
この日、目立ったのは、43番スタートの高校1年生、石川晴菜選手です。1本目荒れてきているコースを積極的に縦に攻め、リバースに入りました。
2本目は好条件を生かして、ラップと0.7秒差につけ、7位入賞を果たしました。
女子ジュニアチームの期待の星が、いよいよ輝き出したという感じですね。
星選手4位、水口選手5位 それぞれ入賞でした。

この後はファーイーストカップが、引き続き野沢温泉スキー場で開催されます。


Hiroaki.Horikawa

2011年2月22日 (火)

インカレ4日目:水口かおり2冠達成

インカレ4日目、今日は男子1,2部。女子1,2,3部のSL競技が行われました。

本日の天候は快晴でまさにレース日和。選手も寒さを感じずレースに集中することができました。
Sl

サロモンを使用している水口かおり選手(早大)が1本目2位。2本目はラップタイムを出し、昨日のGSに引き続き見事!優勝し2冠達成です。

そして昨日も健闘しました山本真矢香選手(法大)も5位に入賞しました。男子1部では大村和哉選手(東海大)が1本目15位から2本目3位のタイムを出し9位に入りました。

残念な結果に終わったのは小鷹正信選手(早大)です。1本目ラップタイムを出したのですが2本目でミスをしてしまいコースアウト。DFとなりました。
インカレの雪辱を全日本選手権、ジャパンシリーズで果たしてくれるでしょう。

以上、1部をメインに報告をさせていただきましたが、2部、3部の皆さんも健闘しておりました!

インカレアルペン部門は男子1,2部と女子1,2,3部の競技が本日で終了しました。
今日のレースで現役引退する選手もおり、ゴール前では涙あり感動ありの雰囲気が流れておりました。
今日で引退する選手の皆さん!今まで大変お疲れ様でした。
レースを引退してもスキーを楽しんで下さい!そしてスキーの楽しさを小さい子や周りのみんなに伝えて下さい!
スキーという生涯スポーツをこれからも一緒に楽しみましょう!

私、工藤は次のレースに向かうので以上でインカレの報告は終了します。
国体からインカレと花輪滞在は・・・10日間!
お疲れ様でした!!

Hiroaki.Horikawa

2011年2月21日 (月)

インカレ3日目:女子GS 水口かおり優勝

インカレも競技3日目、2月20日に行われました競技は女子GSです。

今日は天候も良く、絶好のレースの日和となりました。

女子GS1部は国体でも優勝の水口かおり選手(早大)が1本目から2位に2秒差をつけロケットスタート!そのまま2本目もラップタイムを出し完全優勝!

サロモン勢は水口選手の他に山本真矢香選手(法政大)が6位に入りました。
おめでとう!
a href="http://amersports.lekumo.biz/photos/uncategorized/2011/02/21/20110220_155854.jpg">20110220_155854


2部、3部女子GSでもサロモンを使用している選手が入賞しております。

↓リザルトはこちら↓
学連HPリザルト

明日男子1、2部。女子1部、2部、3部のSL競技です。

Hiroaki.Horikawa

2011年2月19日 (土)

インカレ2日目:男子GS

花輪に滞在何日になるのでしょう・・工藤サービスマンから。


インカレも2日目に入りました。

今日の競技は男子1部、2部GS競技です。

今日は国体よりもスタートを地点を上げ、スタートしてから急斜面、中斜面、S字と緩斜面がゴール前しかなくGSテクニックが要求されるコース設定でした。

男子1部は昨年優勝の小林大郁選手(立命館大)が優勝し2冠を達成しました。2位には及川貴寛選手(中大)が入り、3位には伊藤達哉選手(東海大)が表彰台に上がりました。

サロモン勢では国体成年男子Aで優勝した小鷹選手が43番スタートから1本目13位。2本目でセカンドラップを出し7位に入賞しました。

2部では地元秋田出身の和田圭吾選手(東洋大)が2位に入り、表彰台を獲得。和田選手おめでとう!

明日は女子1部、2部GS競技になります。

Hiroaki.Horikawa

インカレ開幕:男女SG

国体に引き続き、秋田県鹿角市花輪スキー場で開催中のインカレ報告です。
工藤サービスマンも長期サポートお疲れ様!
以下現地より↓

インカレがいよいよ開幕しました。
場所は国体に引き続き花輪スキー場で行っております。

本日行われた競技は男子1,2部SGと女子1部SGの競技です。

コースは国体と同じ位置からスタートし、後半の緩斜面を長くした設定。
急斜面から緩斜面と変化し、緩斜面のスキーの走りと急斜面のテクニックの両方が要求されるコース設定になりました。
Sg

天候は雪と霧で視界が良くない状況でのスタートでした。ちょっと視界が良くなると試合が盛り上がるほど霧で見えないレースでした。

女子1部はSG競技は1番スタートの新里尚子選手が優勝。
サロモンチームでは、国体優勝者、期待の水口かおり選手(早稲田大)はタイムを伸ばせず5位の結果となりました。
男子1部では大村和哉選手(東海大)が5位、2部では和田圭吾選手(東洋大)が5位。

明日は男子1,2部GS競技です。

↓インカレ競技結果はこちら↓
学生スキー連盟HPリザルト


Hiroaki.Horikawa