« 岩岳学生大会競技の部 レポート | メイン | 全日本選手権アルペン技術系インターネットLIVE »

2012年3月20日 (火)

ワールドカップ男子ブランドランキング1位を達成

サロモンは2011-12のFISワールドカップにおいて、男子ブランドランキング総合1位となりました。
(5種目で46回の表彰台、うち11勝を含む)
FISのサイト

最終戦、シュラドミングでは5つの表彰台を飾りました。
-Downhill: 2nd Beat Feuz and 3rd Hannes Reichelt
-Super-: 2nd Alexis Pinturault
-Giant Slalom: 2nd Hannes Reichelt
-Slalom: 2nd Veronika Zuzulova

今季の主要なリザルトは、
-ベアト・フォイツ(SUI)男子総合で2位獲得。今季4勝含む9回の表彰台。
 地元ウェンゲンと2014年の会場ソチでのダウンヒル優勝。
 初めてのスーパーG優勝と2勝目達成。
 初めてのGSでのトップ20入り。
Feuz2

-クラウス・クレル(AUT)がダウンヒルで種目別優勝。ベアト・フォイツ(SUI)が2位。スピード系種目で50%の表彰台獲得。
Kroell2

-アレクシス・ピントロー(FRA)が6度の表彰台、モスクワのシティイベント優勝。2014年のソチ五輪まで契約締結。
Pinturault

-若手のJohannes Kroell と Florian Scheiber がヨーロッパカップのDHで1位、2位。

多くの選手が活躍したシーズンの裏付けには、ニュージェネレーションのマテリアルがありました。
X-LAB OPブーツは多くの選手がシーズン途中からスイッチし、性能を実証。
NEW SL-LABはピントローとともに表彰台獲得。

最高のシーズンでワールドカップを終えたサロモンチーム。来季も期待です。

Hiroaki.Horikawa

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/28127607

ワールドカップ男子ブランドランキング1位を達成を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿