« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月25日 (日)

全日本スキー選手権アルペン:男子SL佐々木明優勝

札幌テイネハイランドにて第90回目のアルペンスキー全日本選手権が開催されました。
最終日男子SLでは、佐々木明選手が見事優勝しました。
時期を3月にすることで、これまで実現できなかったナショナルチーム、ジュニアチームが全員そろってのガチンコレースが実現。
観客も多く集まり、インターネットLIVE放映も実施されたことで、非常に注目度の高い、まさに全日本選手権にふさわしいレースとなりました。
コースは降雪があったものの、水を撒いたことでしっかりと硬いバーンコンディションとなっており、実力差もしっかり出る良い状況でした。
今日のレースは、一本目で湯浅選手がコースアウト、佐々木選手がラップタイム、皆川選手が2位タイムという展開。2本目は先に滑った皆川選手がコースアウト。佐々木選手は油断することなく滑りきり、2本目もラップタイムで完全優勝となりました。
3位には松本勲人選手が入り、膝の怪我からの苦しいシーズンの後半に今後に期待のできる結果を残しました。
6位には石井智也選手。7位には成田秀将選手が入賞し、チームとして非常にうれしい結果となりました。

Sl_men


今日の女子SLでは、星瑞枝選手が3位、水口かおり選手が6位となりました。

初日 男子GS 成田選手2位、佐々木選手3位、石井選手5位、松本選手9位
2日目 女子GS 星選手2位、
以上が全入賞です。

また、本日をもって、武田未波選手が引退となりました。
男勝りの鋭い滑りが印象的な選手です。
これまで本当にお疲れ様でした。

Hiroaki.Horikawa

2012年3月21日 (水)

全日本選手権アルペン技術系インターネットLIVE

今年もやります。インターネットLIVE。
今週末、札幌テイネで開催される大会を男子GS(23日)、女子GS(24日)、男子&女子SL(25日)と3日間に渡って完全生中継。
以下のJSPのホームページからご覧ください。
JSPホームページ特設サイト

Hiroaki.Horikawa

2012年3月20日 (火)

ワールドカップ男子ブランドランキング1位を達成

サロモンは2011-12のFISワールドカップにおいて、男子ブランドランキング総合1位となりました。
(5種目で46回の表彰台、うち11勝を含む)
FISのサイト

最終戦、シュラドミングでは5つの表彰台を飾りました。
-Downhill: 2nd Beat Feuz and 3rd Hannes Reichelt
-Super-: 2nd Alexis Pinturault
-Giant Slalom: 2nd Hannes Reichelt
-Slalom: 2nd Veronika Zuzulova

今季の主要なリザルトは、
-ベアト・フォイツ(SUI)男子総合で2位獲得。今季4勝含む9回の表彰台。
 地元ウェンゲンと2014年の会場ソチでのダウンヒル優勝。
 初めてのスーパーG優勝と2勝目達成。
 初めてのGSでのトップ20入り。
Feuz2

-クラウス・クレル(AUT)がダウンヒルで種目別優勝。ベアト・フォイツ(SUI)が2位。スピード系種目で50%の表彰台獲得。
Kroell2

-アレクシス・ピントロー(FRA)が6度の表彰台、モスクワのシティイベント優勝。2014年のソチ五輪まで契約締結。
Pinturault

-若手のJohannes Kroell と Florian Scheiber がヨーロッパカップのDHで1位、2位。

多くの選手が活躍したシーズンの裏付けには、ニュージェネレーションのマテリアルがありました。
X-LAB OPブーツは多くの選手がシーズン途中からスイッチし、性能を実証。
NEW SL-LABはピントローとともに表彰台獲得。

最高のシーズンでワールドカップを終えたサロモンチーム。来季も期待です。

Hiroaki.Horikawa

2012年3月19日 (月)

岩岳学生大会競技の部 レポート

全国岩岳学生大会 競技の部が開催されました。
Iwatake

開催期間 3月11日~16日
大会参加人数は男女合わせて約900名、国内唯一のDH競技も開催されるこの大会は、多くの学生レーサーで賑わいました。
大会期間中は、大会2日目の男子DHが中止になった以外は天候に恵まれ、非常に良いコンディションの中レースが行われました。
参加チーム 男子107 女子63
延べ参加人数 男子1806名 女子584名
実参加人数 男子670名 女子213名
(予選から含めればさらに人数は多い)
やはり学生にとっては最大の目標となる大会は昔も今も変わらないですね。(女子の参加が減少気味なのが気になります。)

サロモンチームの選手の成績は以下の通りです。

女子 須藤春菜(十文字学園女子大学スキー部) 
DH 優勝、SG 3位、GS 4位、SL 6位
Sudo
優勝おめでとう!

男子 宮本雄大(日本大学文理学部スノーホッパー)
DH 8位、SG 7位、GS 7位、SL 14位
Miyamoto

仲村圭祐(早稲田大学 百日紅)
DH 21位、SG 16位、GS 12位、SL 36位

角田隆太(芝浦工業大学サンタ競技スキー同好会)
DH 16位、SG 34位、SL 31位


Hiroaki.Horikawa

2012年3月17日 (土)

サロモンチーム糠平3月合宿

サロモンチーム力向上を狙って一週間の合宿が終わりました。
メンバーはインターハイ、全中で活躍したメンバーです。
今回、レベルも年齢も違いますが、それぞれが自分のすべきことに集中して取り組んでいました。
初めての顔合わせとなった選手もいますが、同じチームメイトとして今後一緒に頑張れる仲間を得られると良いかと思います。

また、今回は株式会社スリーボンドの協賛を得て最初の合宿となりました。
今後選手育成、強化に様々な取り組みをスタートします。


20120315_nukabira1

20120316_nukabira


Hiroaki.Horikawa

2012年3月 7日 (水)

岩岳学生大会基礎の部 レポート

全国岩岳学生大会のレポートです!
20120226_152031
2月26日~3月2日まで行われていました、岩岳学生大会基礎の部のサポートに行ってきました。
参加人数は男女合わせて約1100人と、学生大会最大規模の大会となっています!
大会期間前半は冷え込みも厳しく、今までにないくらい良いコンディションで行われました。
1日目の予選が行われ、2日目からは昨年度の50位以内のシード選手とクラブシードの選手が出場し競い合います!3日目の決戦では、不整地種目があり、難易度が高いコブを上位選手は果敢に攻め、とてもレベルが高いと感じました。上位選手達の何名かは、3月7日から行われる全日本スキー技術選手権大会に出場する選手も多く、大会のレベルの高さも感じました。

岩岳基礎のサロモン学生チームの成績報告です。(50位内)
個人戦男子 
16位   北尾啓祐(新潟大学学友会スキー部3年)
27位   高橋一樹(新潟大学学友会スキー部4年)
38位   横尾勇樹(早稲田大学WSS4年)
個人戦女子
8位入賞 内田遥(新潟大学学友会スキー部3年)
16位   中島有香子(信州大学基礎スキー部4年)
18位   上田麻衣(中央大学バンブースキークラブ4年)
39位   阿久津絵里香(中央大学バンブースキークラブ2年)
43位   小林優希(日本体育大学基礎スキー研究会2年)
45位   横井智子(日本体育大学基礎スキー研究会2年)
47位   大堀奈海(東京大学LBJスキーチーム4年)

*8位入賞 内田遥(新潟大学学友会スキー部3年)
8_2

新人戦男子
優勝   山崎慎也(信州大学基礎スキー部)
Photo

新人戦女子
4位入賞 飛澤由布子(東海大学エスタウトスキークラブ)
4

学生サロモンチームの、更なる活躍に期待したいと思います!


Hiroaki.Horikawa

Beat FEUZ ついに総合トップに立つ

誰がここまでの活躍をシーズン前に予想したでしょうか。
スイスの新星、ベアト・フォイツがクビートフェルのSGでサロモンチームメイトのクラウス・クレルと同タイム優勝!今季4勝目となり。オーバーオール(総合)でトップに立ちました。今週末のクラニスカ・ゴラと最終戦のシュラドミングまで目が離せません。
Double_win

クラウス・クレルもDH種目別でトップに立ちました
Result

総合トップ15に6名が入る充実ぶりです。
1.Beat Feuz
6.Klaus Kroell
7.Hannes Reichelt
9. Romed Baumann
13.Adrien Theaux
14.Alexis Pinturault

Hiroaki.Horikawa

2012年3月 4日 (日)

FEC 石井智也選手優勝

FECジャパンシリーズは、志賀高原から場所を移し、本日より野沢温泉で、
GS2戦、SL1戦のレースが行われています。
その大事な1戦目(GS)で、石井智也選手(東海大)が見事優勝しました!
志賀高原のSLで、1本目ラップながら、2本目に残念ながらアウトしたので、
今日の優勝は、本人と我々スタッフにとって、最高に嬉しいリザルトです。

サロモンのエース佐々木明選手(チームエムシ)は、柔らかい雪に苦戦しながらも、
実力通り、4位入賞。

女子は、川浦あすか選手が3位、星瑞枝選手が5位でした。

明日から、天候が不安定のようですが、サロモンチーム選手には、
強気な攻めの滑りを期待します。

TAKESHI KANEDA

2012年3月 1日 (木)

FEC SL1 佐々木明優勝!!

本日、快晴の志賀高原ジャイアントスキー場にて、男女SL1戦目が行われました。

志賀に移動する1日前に、菅平高原にて佐々木選手と石井選手の2名で、
SLのトレーニングをしましたが、非常に調子は良さそうでした。


男子1本目、サロモン期待の石井智也選手が安定した攻めの滑りでラップ!
0.5秒差で佐々木明選手が続きました。
2本目は、サロモン勢での争いが予想される展開。
共に1ケタのポイントが欲しいだけに、迷いなく、攻めの滑りをする事に期待していました。
2本目、気温が上がり、雪の状態は著しく変化し、振り幅のあるセットです。
佐々木選手は、急斜面から緩斜面の繋ぎで失敗するも、ゴールした時点でラップ。
石井選手は、急斜面にタイミングが遅れてしまい、残念ながらコースアウト・・・
佐々木選手の優勝が決まりました。
 

2tz_5686_3
写真提供:スキージャーナル

女子は、1本目に多くの選手がコースアウトする状況の中、
サロモン勢は、星選手が3位につけました。
他のサロモン選手は、リズム変化に対応できず・・・
星選手は、今季SLの調子がイマイチなだけに、
何かきっかけを掴んでほしいという願いがありましたが、
2本目、順位は変わらず・・・
明日に期待したいです。

2tz_5240


明日は、志賀高原最終日です。
天気はあまり良くなさそうですが、昨年のような、大活躍を願います!

TAKESHI KANEDA