« ワールドカップ男子スーパーコンビで1・2・3・4位 | メイン | ぎふ清流国体 サービスマン派遣 »

2012年2月 7日 (火)

インターハイ男女SL優勝/全中男子GS2位

<インターハイレポート>
インターハイ最終日。昨日、大雪の為に男子SLが順延され、本日男女SLが行われました。
大雪の影響で、コースが短くなり、1つのミスが許されない状況でした。
サロモン使用選手は、SLを得意としている選手が多く、我々スタッフは強く期待をしていました。
[男子SL]
非常にインターバルが短く、リズム変化の多いセット。難しいセットになればなるほど、ナショナルチームC指定の成田秀将選手に注目が集まりました。その期待を裏切る事無く、1本目断トツのラップ!!!2位に0.8秒差をつけました。GSで失敗しているので、何が何でも優勝するという闘志が感じられました。2本目、その気持ちが裏目に出たのか、急斜面で転倒・・・しかし、本人の気持ちが強かったのでしょう。何とかリカバリーし、0.5秒差で見事優勝!!インターハイ初タイトルです。10位に山梨学院高校2年の藤原颯太選手が入りました。1本目には4位につけていましたが、残念ながら、2本目に大きな失敗をして順位を落としてしまいました。藤原選手も優勝を狙っていたので悔しくてたまらないと思います。しかし、まだ2年生です。来年のインターハイで必ず優勝争いをすると確信しています。
[女子SL]
1本目を終わった時点で、GS優勝の石川晴菜選手がラップ。2位に川浦あすか選手、5位に山口夏未選手、6位に太田好美選手。サロモン勢で表彰台独占が狙える状況です。どの選手にも、強い気持ちを持って、果敢に攻めてもらいたい気持ちで、2本目がスタート。残念ながら、山口選手は6位と太田選手は8位と順位を落としてしまいました。1本目の3.4位の選手もタイムが出ないまま、川浦選手と石川選手のサロモン勢での一騎打ちとなりました。2人共に強いプレッシャーの中、全力で滑りました!結果は、1本目の順位のまま、石川選手が優勝、川浦選手が2位となり、サロモン選手の1.2フィニッシュでした。これで、インターハイの全日程が終了しました。期間中、天候が悪く、厳しい状況でしたが、大会関係者のご尽力のおかげで、素晴らしいインターハイだったと思います。ありがとうございました!!

<全国中学校スキー大会レポート>
2月2日から第49回全国中学校スキー大会のアルペン競技が始まりました。
今回の全中は、アルペン競技が宮城県蔵王町で行われノルディック競技は北海道名寄市、音威子府村で行われており分離開催となっています。

1日目
アルペン競技は男女のSL競技が行われました。
天候は昨日からの雪と強風が今朝も続き、朝から雪と風で混乱が予想される天候となりましが、2本目には天候も回復し穏やかな天候となりました。
コースは中斜面と緩斜面が続くコースです。
コース上は昨日の天候で予想通り雪が積もりバーンコンディションは非常に柔らかく、最初と後ろからのスタートの選手には手強いコースとなりました。

結果は男子は1本目に北海道の高橋健太郎選手がラップを取りましたが、2本目に山形の深瀬悟志選手が逆転し優勝しました。
サロモン勢は3位に雲野ジャステイン選手(長野)が入り表彰台。
8位には中村俊貴選手(長野)、10位には山越貴文選手(岐阜)が入賞しました。

女子は北海道の安藤麻選手が1本目、2本目共にラップで去年に引き続き2連覇を達成。
サロモン勢は山北鮎夏選手(北海道)が9位に入賞しました。

山越、山北の両選手はまだ2年生なので来年の活躍に期待したいです。

2日目
男子のGSがおこなわれました。
雪面状況も落ち着き、後半のスタートでも大きな掘れがなく、スムーズに進行しました。緩斜面の滑らせ方がポイントになりました。
レースは1本目、西颯太選手が7番スタートからラップタイムを出しましたが、中盤からも長野、北海道の選手が多く上位に入ってきます。
サロモン使用の山越涼平選手は143番スタートから6位に飛びこんできました。
2本目は僅差のレースが展開されましたが、山越選手は非常にスムーズな滑りをし、2位のタイムをマークし、トータルでも2位表彰台を獲得しました。

↓詳しい結果は全中のHPでご確認下さい↓
http://www.zenchuskimiyagi.com/result/index.html

Hiroaki.Horikawa

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/27880685

インターハイ男女SL優勝/全中男子GS2位を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿