« サロモン 中国万龍スキー場レーシングキャンプ募集 | メイン | ワールドカップ開幕戦 男子GSで2位表彰台 »

2011年10月17日 (月)

ピッツタールの状況

オーストリア・ピッツタールで行われている遠征も、前半の日程を消化し、順調にトレーニングが出来ているようです。

3名から現在の状況が送られてきました。

全員、春からスキーに乗っていないこともあり、前半はフリースキーメインで行いました。
ゲートトレーニングは、GS3日、SL1日で、ゲートの中でのポジションや、基本動作をチェックしながら行っています。

星は、22日のWC開幕戦(セルデン)に向けて、新しい滑りを習得するため、限られた時間の中でトレーニングに励んでいます。
コーチのディディ(トエニ・ディートマ)は、星のジュニアチーム時代からの知り合いで、
滑りや癖を知っているので意見、フィーリング交換もスムーズにできています。
開幕戦まであともう少し、そして今シーズン世界で戦うための準備を行っています。

水口は、膝の怪我をしてから、初めての雪上トレーニングでケアをしながら、膝の感覚を確かめ、
12月のFECで完全復活できるように、取り組んでいます。

滝口は、12月から始まるFECのレースに向けて、今シーズンの基盤となる滑りを試行錯誤しながら毎日取り組んでいます。

明日から、星は開幕戦までGSメインでのトレーニング。
水口、滝口はSLトレーニングを行います。

Hoshitakimuzukuchi

TAKESHI KANEDA

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/378180/27290155

ピッツタールの状況を参照しているブログ:

コメント

コメントを書く*このブログの専用サイトにジャンプします

コメントを投稿