« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

インカレ4日目:水口かおり2冠達成

インカレ4日目、今日は男子1,2部。女子1,2,3部のSL競技が行われました。

本日の天候は快晴でまさにレース日和。選手も寒さを感じずレースに集中することができました。
Sl

サロモンを使用している水口かおり選手(早大)が1本目2位。2本目はラップタイムを出し、昨日のGSに引き続き見事!優勝し2冠達成です。

そして昨日も健闘しました山本真矢香選手(法大)も5位に入賞しました。男子1部では大村和哉選手(東海大)が1本目15位から2本目3位のタイムを出し9位に入りました。

残念な結果に終わったのは小鷹正信選手(早大)です。1本目ラップタイムを出したのですが2本目でミスをしてしまいコースアウト。DFとなりました。
インカレの雪辱を全日本選手権、ジャパンシリーズで果たしてくれるでしょう。

以上、1部をメインに報告をさせていただきましたが、2部、3部の皆さんも健闘しておりました!

インカレアルペン部門は男子1,2部と女子1,2,3部の競技が本日で終了しました。
今日のレースで現役引退する選手もおり、ゴール前では涙あり感動ありの雰囲気が流れておりました。
今日で引退する選手の皆さん!今まで大変お疲れ様でした。
レースを引退してもスキーを楽しんで下さい!そしてスキーの楽しさを小さい子や周りのみんなに伝えて下さい!
スキーという生涯スポーツをこれからも一緒に楽しみましょう!

私、工藤は次のレースに向かうので以上でインカレの報告は終了します。
国体からインカレと花輪滞在は・・・10日間!
お疲れ様でした!!

Hiroaki.Horikawa

2011年2月21日 (月)

サロモンカップ参加者募集

各地で開催されるサロモンカップのご案内です。
サロモンでは子供たちが夢やあこがれを持って競技スキーを続けてもらえるよう、各地でサロモンカップを開催しています。
地域一番の大会を目指して、それぞれ特徴を出して開催しています。

詳しくは、サロモンSKIニュースページから。
リンク:サロモンカップ参加者募集

Hiroaki.Horikawa

吉岡大輔キャンプ:参加者募集中

サロモンデモチームの吉岡大輔が苗場 浅貝ゲレンデをベースにキャンプをおこなっています。
元ナショナルチーム、オリンピック代表として培ったレーシングのエッセンスを、是非ご体験ください。
スケジュールは以下のゴリンピアHPでチェックしてください。
ゴリンピアHPイベント

Hiroaki.Horikawa

インカレ3日目:女子GS 水口かおり優勝

インカレも競技3日目、2月20日に行われました競技は女子GSです。

今日は天候も良く、絶好のレースの日和となりました。

女子GS1部は国体でも優勝の水口かおり選手(早大)が1本目から2位に2秒差をつけロケットスタート!そのまま2本目もラップタイムを出し完全優勝!

サロモン勢は水口選手の他に山本真矢香選手(法政大)が6位に入りました。
おめでとう!
a href="http://amersports.lekumo.biz/photos/uncategorized/2011/02/21/20110220_155854.jpg">20110220_155854


2部、3部女子GSでもサロモンを使用している選手が入賞しております。

↓リザルトはこちら↓
学連HPリザルト

明日男子1、2部。女子1部、2部、3部のSL競技です。

Hiroaki.Horikawa

2011年2月19日 (土)

インカレ2日目:男子GS

花輪に滞在何日になるのでしょう・・工藤サービスマンから。


インカレも2日目に入りました。

今日の競技は男子1部、2部GS競技です。

今日は国体よりもスタートを地点を上げ、スタートしてから急斜面、中斜面、S字と緩斜面がゴール前しかなくGSテクニックが要求されるコース設定でした。

男子1部は昨年優勝の小林大郁選手(立命館大)が優勝し2冠を達成しました。2位には及川貴寛選手(中大)が入り、3位には伊藤達哉選手(東海大)が表彰台に上がりました。

サロモン勢では国体成年男子Aで優勝した小鷹選手が43番スタートから1本目13位。2本目でセカンドラップを出し7位に入賞しました。

2部では地元秋田出身の和田圭吾選手(東洋大)が2位に入り、表彰台を獲得。和田選手おめでとう!

明日は女子1部、2部GS競技になります。

Hiroaki.Horikawa

インカレ開幕:男女SG

国体に引き続き、秋田県鹿角市花輪スキー場で開催中のインカレ報告です。
工藤サービスマンも長期サポートお疲れ様!
以下現地より↓

インカレがいよいよ開幕しました。
場所は国体に引き続き花輪スキー場で行っております。

本日行われた競技は男子1,2部SGと女子1部SGの競技です。

コースは国体と同じ位置からスタートし、後半の緩斜面を長くした設定。
急斜面から緩斜面と変化し、緩斜面のスキーの走りと急斜面のテクニックの両方が要求されるコース設定になりました。
Sg

天候は雪と霧で視界が良くない状況でのスタートでした。ちょっと視界が良くなると試合が盛り上がるほど霧で見えないレースでした。

女子1部はSG競技は1番スタートの新里尚子選手が優勝。
サロモンチームでは、国体優勝者、期待の水口かおり選手(早稲田大)はタイムを伸ばせず5位の結果となりました。
男子1部では大村和哉選手(東海大)が5位、2部では和田圭吾選手(東洋大)が5位。

明日は男子1,2部GS競技です。

↓インカレ競技結果はこちら↓
学生スキー連盟HPリザルト


Hiroaki.Horikawa

2011年2月16日 (水)

チャレンジスラローム

本日より、志賀高原にて「2011志賀高原チャレンジスラローム」が行われています。
先に行われた、インターハイ・国民体育大会に続き、
サロモンチーム選手の活躍の報告を受けました。

男子SLは、表彰台独占!

1  7   KOBAYASHI Hyuga  53.35 52.72 1:46.07 0.00
2  9   OGIHARA Shunsuke  52.99 53.49 1:46.48 2.36
3  3   TAKIGUCHI Shohei  53.34 53.50 1:46.84 4.43
4  2  FUSE Takashi  52.85 54.16 1:47.01 5.41
5  10  SHINOHE Tomoya   53.14 54.27 1:47.41 7.71
6  6   TANAKA Yuto   53.75 53.69 1:47.44 7.88

佐々木明選手が世界選手権前の調整で使用した、
菅平高原のパインビークスキー場・つばくろゲレンデ1レーンで、
数日間トレーニングしてからの参戦という事で、
3名の選手の活躍は非常に嬉しいです。

女子SLは、こちらも1.2フィニッシュ!

1  4  KAWAURA Asuka  50.79 54.32 1:45.11 0.00
2  6 SHIMOMURA Sae  52.07 55.76 1:47.83 15.79
3  15  KAWAGUCHI Rikako  52.52 55.99 1:48.51 19.73
4  9  HIRANO Madoka  52.19 56.51 1:48.70 20.83
5  5  SEKIGUCHI Rei  52.07 56.65 1:48.72 20.95
6  3  NEMOTO Fuuka  52.68 56.41 1:49.09 23.10

2名の選手共に、ファルコンレーシング所属です。
ホームゲレンデの志賀高原で、練習の成果を発揮してくれました。
2人共、高校生という事で、今後に期待です。

TAKESHI KANEDA

国体最終日

国体も最終日となり、少年男子のレースがおこなわれました。
以下報告↓

あきた鹿角国体最終日の報告になります。

国体もいよいよ最終日になりました。今日のアルペン競技種目は少年男子GSです。

天候は今日も穏やかでスタート前までは風もなく晴れていましたが、天候が良すぎたせいか気温が上がり第1シードのスタート時点ではコース上に霧が発生し、場所によっては視界が悪いところもありました。
第1シード後は視界も良好になり最終日も問題なくレースが行われました。
Kazuno

レース参加人数が186名とアルペン種目の中で一番多い参加人数のレースを制覇したのは1番ゼッケンでスタートした新賢範選手(北海道)でした。また、北海道選手は6名出場中、全員が8位までに入賞し過去に例を見ない全員入賞を達成しました。

サロモン使用選手では、福島県の大山瑠選手が3位に入賞し、見事表彰台に上がる事が出来ました!
おめでとう!
Oyama

また廣瀬孝尚選手はコンマ1秒差で8位に届かず惜しくも入賞を果たす事ができませんでした。
次のレースで活躍してくれる事を期待したいです!

その他にもサロモン選手が健闘し、TOP20までに6名が入りました。

以上で国体の報告は終わります。
レース関係者の皆さん、サポーターの皆さん、大変お疲れさまでした!

来年の国体は岐阜県になります。


Hiroaki.Horikawa

2011年2月14日 (月)

国体2日目 成年男子Bで佐藤栄一選手が優勝

国体2日目の報告です。

以下工藤サービスマンより↓

2日目は、成年男子Bと少年女子、成年女子Bの競技が行われました。
天候は晴れ時々曇りと昨日に引き続き良い状況でレースを行う事が出来ました。

レース結果は最初に行われた成年男子Bのレースはサロモンを使用している佐藤栄一選手が2番スタートから見事に難コースを攻略し、優勝しました!
また、昨年度優勝者の大瀧徹也選手(サロモン使用)は5位とこちらも健闘し、サロモン選手が2名入賞致しました。
昨日に引き続き今日も表彰台の頂点をゲットです!
佐藤選手、大瀧選手おめでとうございます!
Satootaki
(左:大瀧徹也選手 右:佐藤栄一選手)

コースセットを替え、続いて少年女子の競技は青森県から出場している押味輝選手が優勝しました。インターハイチャンピオンの川浦あすか選手(サロモン使用)は2位の表彰台に上がりました!

またその他にもサロモンを使用している選手で5位に蟹谷ともみ選手(富山県)、6位に藤田奈巳選手(北海道)が入賞し、3名が入賞致しました!

3名の皆さんおめでとうございます!

成年女子Bのレースは長野県から出場している武田典子選手が優勝し、2位には佐賀県から出場している湯本浩美選手、3位には北海道から出場している奥井迪選手という結果でした。

国体速報サイト

最終日、明日のレースは少年男子のレースです。

選手の皆さん、サポーターの皆さん、お疲れ様でした!

Hiroaki.Horikawa

秋田鹿角国体開幕:男女優勝!

国体が開幕しました。
会場は秋田県鹿角市の花輪スキー場です。
ここは数々の大会が開催され、中・急斜面で構成された、非常に難易度の高いコースです。
201102131020000
今日は成年男子Aと成年女子A、さらに成年男子Cの3クラスがおこなわれました。
国体はGSの1本勝負ということもあり、また、都道府県対抗戦のため、通常のスキー大会の雰囲気とはまたちょっと違うのですが、独特な緊張感と盛り上がりがある大会です。

オープニングレースとなった成年男子Aでは、早大4年の小鷹正信選手が見事優勝を果たしました。
彼は北海道出身で、インターハイSLで2位の実績もあり、どちらかというとスラローマーなのですが、今日は得意な急斜面を見事に攻略できたようです。
本人も、我々も驚きのスーパーな勝利でした。
2011a

セット替えの後に行われたのは成年女子Aのクラス。
ここでは水口かおり選手が本命視されていましたが、正に実力通りの滑りを出し切ったようです。2位とのタイム差は1秒3の大差での圧勝でした。

2011a_2

二人は同じ早稲田大スキー部。
国体では小鷹選手は埼玉から、水口選手は地元富山からの出場となっています。
両県の監督はじめ関係者からも祝福を受けていました。

小鷹、水口 改めておめでとう!

Hiroaki.Horikawa