« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月20日 (木)

FEC韓国 ジサン1日目

FECの会場をジサンに移し、SL1日目が行われました。
12月に行われた中国のFECで、SLが1日キャンセルになっていたので、
本日強行スケジュールの中、1日で2レース行われました。

ヨンピョンで、サロモンチームは好成績を収めてくれていたので、
ジサンのレースでも期待していました。

1レース目、女子から始まり、ヨンピョンで3度1.2フィニッシュをした、
星瑞枝、水口かおり共に非常に良い滑りをしましたが、
フィニッシュ直前に、まさかのDQ・・・
ですが、層の厚いサロモンチームです。
今まで腰痛の為レースに出る事ができなかった
武田未波が1本目2番のタイムでゴールするも、
2本目、斜面変化でスピードを繋げられず失速。
4位でした。。。

男子は、好調の成田秀将へ期待!!
スキーの反応とタイミングが合わず、11位。
2レース目に期待です。

2レース目、星瑞枝が1本目で2位に1秒以上のアドバンテージ。
2本目で差を縮められるものの逃げ切り、0.7秒差で優勝!!!
FISポイントも11点とりました。

男子の優勝は、韓国のJUNG Dong-Hyun。
成田は、緩斜面の多いジサンのコースで、
2レース目もなかなかタイミングが合わずに7位。
残念なリザルトでした。

明日は、韓国シリーズの最終日です。

必ず、良い報告ができるはずです!!!!!

TAKESHI KANEDA

2011年1月18日 (火)

FEC韓国 3度目の!!!

ヨンピョンでのレースも本日のレースが最終でした。

またもやサロモンチーム選手の活躍が目立つ、素晴らしいリザルトとなりました。
女子は、3度目となる1.2フィニッシュ!
優勝は星瑞枝選手、2位に水口かおり選手。
昨日とは逆の結果です。
4位に川浦あすか選手も入り、表彰台独占までもう少し・・・
サロモンチームの層の厚さが際立ったと思います。
Fec_yonpyon_gs18_w

男子は、非情に調子の良い成田秀将選手がGS初の表彰台!
失敗を恐れず、果敢に攻め、3位入賞。
1本目5位から、2本目には3位タイムで、トータル3位まで浮上しました。
彼は、体は小さいですが、抜群のボディバランスがあり、
さらに上を目指してステップアップしてもらいたいです。
韓国から帰国したの翌日23日には、世界ジュニアに出発します。
残りのジサンSLでも、積極的な滑りをして、弾みにしてほしいと思っています。
Fec_yonpyon_gs18

優勝は吉越一平選手ですが、この韓国シリーズGSで、
初めて韓国の選手に勝つ事が出来ました。
今回は、サロモン・ジャパーナ・ゴールドウィン・アトミック・サンミリオンの合同チームで、
協力し合いながら戦っているので、こちらも嬉しい事です。

レース終了後、ジサンに移動してきました。
画像中央がレースコースです。
Jisan

TAKESHI KANEDA

2011年1月17日 (月)

FEC韓国 2度目の1.2フィニッシュ!!

韓国で行われているFECですが、ヨンピョンでのレースも残り2日となりました。
先日の1.2フィニッシュは、1位に星瑞枝選手、2位に水口かおり選手でしたが、
本日のレースは、逆になり、優勝したのは水口選手、2位に星選手というリザルトでした。

このヨンピョンは、コースが長く、尚且つ難しい雪質、起伏に富んだコースです。

1本目を終わった時点で、ラップは星選手の1:17.11、水口選手が0.01差で続きました。
2本目次第では、どちらが優勝してもおかしくなく、1つのミスが勝敗を左右する状況でした。

2本目、水口選手が積極的な滑りを見せる中、星選手は若干消極的で、
まとめすぎてしまったのか、水口選手の逆転優勝というリザルトでした。

明日のレースも2人の戦いが楽しみです!!

サロモンチームは、明日のGSレース終了後、ジサンに移動します。

TAKESHI KANEDA

ワールドカップリザルト更新:ウェンゲンDH優勝 他

サロモン高速系のエース クラウス・クレル(AUT)がウェンゲンのDHで優勝しました。
11227

2位、3位に地元スイスのクーシュとヤンカを従えての自己3勝目となります(DH2勝、SG1勝)

佐々木明選手は2本目DQ、残念ですが、この後のキッツビューエル、シュラドミングでの爆発に期待しましょう。

サロモンレーシングチームは今季好調にポイントを積み重ねています。
最新のリザルトです。

SL WC WOMEN 11/01/11 FLACHAU – AUT
3 NOENS .Nastasia
5 ZUZULOVA .Veronika
*NOENSは88年生まれのフランスの新鋭。今季第一シード入りし、早くも表彰台到達。

SC WORLD CUP MEN 14/01/11 WENGEN – SUI
7 THEAUX.Adrien
12 VILETTA .Sandro
13 BAUMANN.Romed

DH WC MEN 15/01/11 WENGEN – SUI
1 KROELL.Klaus
6 BAUMANN.Romed
13 THEAUX .Adrien

SL WORLD CUP MEN 16/01/11 WENGEN – SUI
16 Missillier.S

ヨーロッパカップでも大活躍です。一つ下のカテゴリとはいえ、トップはワールドカップレベルです。
フランスのピントローは91年生まれ。ワールドカップではまだ結果でていませんが、これから来るかもです。
DH EUROPA CUP MEN 12/01/11 PATSCHERKOFEL AUT
1 LUOEND .Vitus
2 KROELL.Johannes

GS EUROPA CUP MEN 15/01/101 KIRCHBERG AUT
1 PINTURAULT.Alexis
2 BORSOTTI.Giovanni

GS EUROPA CUP MEN 16/01/101 KIRCHBERG AUT
1 PINTURAULT.Alexis

Hiroaki.Horikawa

2011年1月13日 (木)

FEC韓国 1.2フィニッシュ

12日からFEC韓国シリーズが開幕しました。
初戦の地はヨンピョン。
非常にタフな上に、難易度の高いコース設定です。

サロモンチーム選手には、ナショナルチームに所属する選手、
国内トップで活躍する選手が大勢いるので、非情に期待できます!

昨日は、男女のSCが行われました。
男子は、中国FECのSLで2位に食い込んだ成田選手に期待。
SGで8位のタイムでゴールし、SLで失敗はありましたが、
アグレッシブな滑りで、3位まで浮上!!!
Fec_2

女子は、水口かおり選手がSGで失敗し、出遅れましたが、
SLでラップタイム!
こちらも3位まで順位を上げました。

2日目GSは、星瑞枝選手が下位を寄せ付けない1.2本ともダントツのラップタイム、
2位に水口選手が入り、1.2フィニッシュ!
最高に嬉しいリザルトでした。
Fec_4

TAKESHI KANEDA

2011年1月11日 (火)

千葉信哉サロモンキャンプ

サロモンレーシングチームのヘッドコーチ、千葉信哉氏がコーチングをおこなう「サロモンキャンプ」が野沢温泉スキー場にて開催されます。
トップチーム指導からのフィードバックを是非ご体験ください。

リンク:千葉キャンプイベントページ
ハウスサンアントン申し込みページ

Hiroaki.Horikawa

2011年1月 5日 (水)

第35回サロモンカップ最終日!

第35回サロモンカップ3日目の最終日は、小学生、中学生ともにスーパーGの種目が行われました!

日本国内で公認レース以外でのスーパーGのレースはなかなか行われておりません。かもい岳で行われるサロモンCUPでは、地元かもい岳スキー連盟、スキー場の協力によって長きに渡りスーパーGのレースが行われております。

今年は、例年にないほどの小雪により、スーパーG種目の開催もあやぶまれましたが、大会競技役員、スキー場の方々の努力で怪我人もなく無事開催することができました!

また、サロモンカップでは競技種目ごとの表彰以外に3種目合計の総合での表彰もあります。

今年も昨年同様、男女総合優勝者には全日空から「東京⇔札幌往復航空券ペア」が副賞として授与されました。

小雪の中で行われた今年のサロモンCUP。これから本格的な大会のシーズンに向けこのサロモンCUPが飛躍のきっかけになればと願っております!!

リザルトはこちらから

Photo

リュウジ

2011年1月 4日 (火)

第35回サロモンカップ2日目

本日は、小学生、中学生のGS競技が行われました。

雪不足のため、水を撒いたコースはワールドカップのコースに匹敵するほどのアイスバーン!!自分のイメージ通りに滑ることができない選手が多くいる中、優勝、入賞した選手はメンタル面で攻めの姿勢を崩さず、果敢に攻めたことが結果に繋がっています!

明日は、日本国内のジュニア大会ではあまり開催されないスーパーGが行われます!

本日もプレゼンテターとして、かもい岳出身の石井智也選手がかけつけてくれました!

リザルトはこちらか

Photo

リュウジ

2011年1月 3日 (月)

第35回サロモンカップ1日目

第35回サロモンカップ1日目、雪不足のため、当初予定されていたSL(中学生)、CB(小学生)からともにGSに種目が変更になり競技が行われました。

雪不足ではあるものの、大会役員、スタッフ、かもい岳スキー場の方々の努力によりコースは、硬くしまったバーンとなり、日頃のトレーニングの成果を発揮するには最高のコースとなりました。

明日は、小学生、中学生とものGS競技が行われます!!

なお、表彰式のプレゼンテターには、ナショナルチームの石井智也選手が参加。優勝者には石井選手から賞状、メダル、副賞が手渡させてました!!

大会リザルトはこちらから

P1090126

リュウジ

第35回サロモンカップ開幕!

第35回サロモンカップがかもい岳スキー場が1月2日~5日の日程で開催されます!

本日は、開会式が行われ、全国各地からジュニアスキーヤーが集結!

明日3日から熱戦の火蓋が幕を開けます!

今年のかもい岳は、例年より積雪量が少なく、大会初日の競技種目は、小学生、中学生ともにGSに変更となっています。

T02200147_0800053410954906953

リュウジ