« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月28日 (火)

サロモンキャンプ&チルドレン大会 開催

大瀧徹也プロデュースのデモ&マスターズキャンプ
両大会に参加予定の皆様は、会場をつかっておこなわれるこのキャンプに是非ご参加ください。

詳細リンク
大瀧マスターズキャンプ

詳細リンク
技術選事前キャンプ

イタリア アベトーネで開催のFISチルドレン大会に参加のチャンス。
ジュニア育成、交流をテーマに開催される予選会です。

詳細リンク
FISチルドレンアベトーネ予選会

どのイベントも早めにお申し込みください。

Hiroaki.Horikawa

2010年12月20日 (月)

FIS糠平 GS2戦目

日にちが空いてしまいましたが、19日に行われたFIS糠平GS2戦目にて、
サロモンチーム選手が活躍してくれました!!

1戦目と同様にバーンコンディションは硬く最高でした。

まずは、男子のレースですが、1本目を終わった時点で、小林日向選手が2位、
大村和哉選手が7位と上位を狙えるタイム差と順位につけていました。
残念ながら、合計タイムで、2人共順位を落としてしまい、
小林選手が3位、大村選手が13位でした。
しかし、嬉しい内容もあります!
中国遠征後半に調子を上げてきた、大山瑠選手が、126番スタートから12位に入りました。
1.2本目共に大事な所でミスをしているので、今後に期待できると思います。

女子は、1本目で山本真矢香選手が3位、坂本成美選手が4位、藤田奈巳選手が5位と、
男子同様に優勝争いをできる状況でした。
2本合計で、山本選手が2位、坂本選手が3位、藤田選手が7位!
こちらも今後に期待できます。

Nukabira2
左から山本選手、坂本選手、小林選手(画像悪くてすみません・・・)

道東シリーズも残すところ、阿寒でSL2戦です。

TAKESHI KANEDA

ヴァルガルディナDH ロメッド・バウマン2位

将来を嘱望されているサロモンレーシングチーム ロメッド・バウマン(AUT)がついにDHで初の表彰台到達。
SG、GSでコンスタントに成績を上げていましたが、DHでも頭角を現しました。
近い将来の総合タイトルを狙えるというレーシングディレクターの予言が現実に近づいています。

10990


Hiroaki.Horikawa

2010年12月18日 (土)

FIS糠平GS 1戦目

先週のSLに続き、糠平温泉スキー場にて、18.19日の2日間GSLのレースが行われています。
本日は、雪の降る中、1戦目のレースが行われました。
先週の降雨で、バーンコンディションは硬く、非常に良いレースだったと思います。
タイムスケジュールの遅れがあり、2本目のみ、男女同一コースで行われましたが、
男女合わせて、約220名が滑っても、コースは全く荒れず、
どの選手にもチャンスがありました。

サロモンチーム選手は、男子期待の小林日向選手と今季からマテリアルチェンジした、
大村和哉選手に期待しましたが、両選手とも急斜面にて失敗・・・
他の大学生・高校生も上位には食い込めず、明日に期待です!!

女子は、SLでも入賞している山本真矢香選手が2位、
坂本成美選手が8位とまずまずのリザルトでした。

TAKESHI KANEDA

2010年12月17日 (金)

ヴァルディゼールWC SL サロモンニューカマーが3位表彰台

12日にフランス ヴァルディゼールで行われたワールドカップ 男子SL第2戦において、今季からサロモンマテリアル使用のスティーブ・ミシリエが自身最高位の3位表彰台を獲得しました。
サロモンレーシングチーム、特にスラロームに関しては、久々の表彰台であり、年明けのレースにさらに期待が膨らみます。
今回途中棄権の佐々木明選手も中間までは非常に良い滑りでした。こちらも次に期待です。

10878

10879


Hiroaki.Horikawa

2010年12月12日 (日)

FIS糠平 SL第1戦

本日、糠平温泉にて、国内レースが開幕しました。
レース前日の夕方から、雨が降り、雪不足という事もあったので、
開催できるか心配でした。
競技役員の方々の懸命の努力と夜中の冷え込みのおかげで、
コースは非常に硬く、最高のレースでした。

期待のサロモンチームは、万龍でトレーニングしてきた、
滝口翔平選手が4位、小林日向選手が6位とまずまずのリザルト。
合宿の成果だと言えるのではないでしょうか。
明日の2戦目に期待したいと思います。
優勝は武田選手、2位に小林選手、3位に結城選手でした。

明日はもっと良いリザルトを報告できるでしょう‼


サロモンチーム選手への応援、宜しくお願いします‼

TAKESHI KANEDA

2010年12月 7日 (火)

中国遠征 北京移動

最終日、7:00~9:00まで威龍コースで最後のトレーニングをしました。
非常に雪質が難しい状況でしたが、この万龍スキー場では、
本当に良いトレーニングが消化できたと思います。

その後、ホテルに戻り、パッキングと昼食を済ませ、
12時15分に北京に向けて出発!!
順調に移動し、16時30分にはレストランに到着して、早めの夕食を済ませました。

明日は、5時30分にホテルを出発して、日本時間の13時頃の帰国予定です。

TAKESHI KANEDA

中国遠征 銀龍上部⇒威龍

今日のトレーニングは、銀龍上部のコースから威龍のコースを繋げて、
レースを想定した48旗門45ターン、タイムはラップタイムで1分12秒という
最高の条件の中でのトレーニングでした。
しかし、気温が・・・‐20℃
寒さが厳しく、タフなコースなので、集中して3本。
最高に良いトレーニングを消化できました。

明日は、いよいよ最終日。
7:00~9:30までSLのトレーニングをして、12:30には北京に向け出発します。
最後まで気を抜かずに、緊張したトレーニングを心がけます。

Photo

写真左は、遠征中に大変お世話になっている、
コーディネーターの坂井さんと吉和祐太郎選手です。
人柄も最高で、良い仕事してます。
効率の良いトレーニングを消化できているのも、
坂井さんのサポートがあるからです。
ありがとうございます!!

Photo

夕食の時、千葉コーチと蟹谷ともみ選手が誕生日が近いという事で、
ケーキを準備してもらいました。
2人共、良い笑顔ですね!!(写真がぼけててすみません)

TAKESHI KANEDA

2010年12月 5日 (日)

中国遠征 最終段階

第3クールに入り、トレーニングをできる日数が2日となりました。
本当に早いです。。。

ここ数日、PCの調子が悪いのか?ネット環境の調子が悪いのか?
ブログを書くのに必死でした。

ホテルでは、そんな状況ですが、選手の調子は、なかなか良いです。
新しい感覚を掴めた選手も多いようです。
しかし、疲れが溜まっているのでしょう。。。
私の横で、マッサージを受けている選手が3人います。

残り2日、怪我の内容に集中してトレーニングしてほしいです。

TAKESHI KANEDA

2010年12月 3日 (金)

中国遠征 第3クール

いよいよ遠征終盤の第3クールに入りました。
中国共産党のお祭りと週末の為、2日~5日まで早朝トレーニングの
スケジュールになってしまいます。
本日は、早朝に銀龍下、12:00~15:00まで威龍でSLトレーニングです。
リフト乗車時は、真っ暗で、リフト降り場に着くと薄ら明るくなります。
1

威龍では、55ターンのセットで、レースをイメージして、5本滑りました。
この威龍は、一見一枚バーンに見えますが、微妙な斜面変化が豊富で、
最後に急斜面になりながら、強い右下がりの片斜面になります 。
また、コースもしっかりと締まっていて、ほとんどのターンで2本のレールがつきます。
選手達は、斜面変化と2本のレールで、結構手こずっていました。
本当に良い練習になります。

Sl
戸梶純平選手です。
しっかりと軸が作れるようになりました。
Sl_2
蟹谷ともみ選手。非常に頑張り屋です。
年上の選手にしっかりとついていってもらいたいです。
Sl_3
吉和祐太郎選手です。
今回の遠征参加者の中で、唯一の中学生。
体力的にもキツイと思いますが、いろんな事を吸収してもらいたいです。

明日は、早朝のみのトレーニングです。

TAKESHI KANEDA