« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

飯島庸一 コンディショニングワークショップのご案内

先日のジュニアオフトレやサロモンチームのトレーニング、コンディショニングでお世話になっている、コンディショニングトレーナー飯島庸一氏による、コンディショニングワークショップのご案内です。
アルペンスキーに必要な動きを、トレイルや陸上で楽しみながら身に付けましょう。
(対象は中学生以上です。)

Ski Conditioning Workshop 93rd.(奥多摩→青梅)
奥多摩トレイルウォーク&フィールドトレーニングで秋を堪能しながら股関節回りの機能性強化+天然温泉
101017workshop93.pdfをダウンロード

Ski Conditioning Workshop 94th.(武蔵野の森公園・調布市)
斜面でのポジションコントロールトレーニング+アウトドアフィットネス(ジョギング+クイックネス)+天然温泉2
101031workshop94.pdfをダウンロード

Ski Conditioning Workshop 95th.(駒沢公園)
ターンニング動作の向上+上半身のポジションの安定化トレーニング
101117workshop95.pdfをダウンロード

リンク:エス チャレンジHP

トレイルや荒地、横方向の動きにも強い、サロモンフットウェアもお忘れなく。
リンク:サロモントレイルランニングシューズ

Hiroaki.Horikawa

2010年9月27日 (月)

オフトレキャンプ2日目

オフトレキャンプ2日目、朝から晴天に恵まれ、最高のトレーニング日和となりました。
午前中のトレーニングは、昨日同様にダボスの丘までランニングで移動しました。
このランニングですが、実はずっと登坂なので結構ハードなんです・・・

トレーニング内容としては、「片足支持バランス・ポジショニング」を再確認し、
スキーの基本動作の中で、特に大切な股関節の可動性を高めるエクササイズを反復していました。
初日の最初に比べて、スムーズに最適なポジショニングと動作が斜面の中でもとれるようになったと思います。

次に、「斜面に対するポジションコントロール」を意識したエクササイズを行いましたが、
一定の動作の中で、骨盤の向きや傾きが、
斜面に対して適正な位置や向きに調整する事を意識したわけですが、
スキーでの癖が出てしまう選手が多かった気がします。
特にローテーションや内倒してしまう選手には、残されたシーズンインまでの時間の中で、
再認識していただきたい内容でした。

Photo_2 

午後のトレーニングは、大原ビガ‐クラブの所有するグランドが使用できない為、
ホテル山喜荘様の人工芝グランドでトレーニングを行いました。

内容としては、有酸素トレーニングとミドル系トレーニングを前半に行い、
後半は、体幹トレーニングとサッカーを20分×2本という、
小中学生にはなかなかハードな内容になったと思います。

1

2

3

Photo_3

サロモンでは、ジュニア・チルドレンの育成・強化をしていく事が、
非常に重要な事だと認識しています。
今季より、チルドレン・ジュニア期のカテゴリー変更が行われますが、
早い時期に、今回のトレーニング内容にもあったように、
正確な動作習得が必要だと思います。
これからも、より多くの選手に様々な情報やトレーニング環境をご提供していく事で、
微力ながらも、サポートしていけたら良いと思っています。

今回のキャンプにご参加していただいた選手は、非常に良い情報が得られたと思います。
シーズンインに向け、頑張って下さい!!

また、ご父兄、コーチの皆様には、様々な面でご協力をいただき、
ありがとうございました!

最後に、宿泊先の大原ビガ‐クラブのスタッフの方々、ホテル山喜荘様に感謝いたします。

TAKESHI KANEDA

2010年9月25日 (土)

ジュニアオフトレーニングキャンプ初日

急激な秋の気温となった菅平高原にて、サロモンジュニアのオフトレキャンプがおこなわれました。
コンディションコーチの飯島庸一さんを迎え、35名の参加者でおこないました。
20100925121638a

20100925121716a

まずは大原学園ビガーホテル付属の体育館にて、アクティブストレッチ、各種ステップ、フットワーク等、スキーにつながる片足のポジションを平地で取れるような練習から入りました。

続いて午後は、ビガーホテルからダボスゲレンデまで、約30分のランニングの後、ゲレンデの斜面を使用して、斜面でのポジション、特に外足に乗るためのポジションを様々なエクササイズで確認しました。

20100925140637a_2

20100925150331a

斜面に立つことで、雪上のイメージと近づき、同時に、止まった状態でもできないことが多いことを体感していたようです。
「陸上で出来ないことは雪上では出来ない」ということを選手は痛感したのではないでしょうか。

最後に斜面を中回転くらいのコーンを置いてランニングで走ったのですが、面白いくらい、冬と同じような癖が出ていました。
選手たちには夏のトレーニングでももっと冬の身体の使い方を意識し、反復することで、いずれ大きな差につながることが多少なりとも理解してもらえたかな?と思います。
明日もう一日、頑張りましょう。

20100925150301a

Hiroaki.Horikawa

2010年9月 6日 (月)

上林卓司&松本勲人 レーシングセミナー開催

レーシングスキーの専門店、「カンダハー」が送る、セミナーのご案内です。
サロモンプロモチームの「上林卓司」が、最新テクニック分析&解説をおこないます。
当日ゲスト選手として、今季からサロモンレーシングチームに加入した「松本勲人」が参加します。
先日のヨーロッパ遠征での映像を交え、上林が最新テクニック、選手フィーリング、マテリアルなどについて、松本選手から引き出します。
マニアックな話がいろいろ聞けると思います。興味がある方は是非ご参加ください。
お申し込みはコチラから。↓
【リンク】カンダハーイベント告知ページへ

Hiroaki.Horikawa