« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

北大湖FIS SL

北大湖FIS

1日目SL、最近の暖かさで、コースは締まらず、少し荒れるコース状況、急斜面から少しずつなだらかになるコース。

1本目、2本目共にラップタイムを叩き出した、小林日向選手(サロモンマテリアル使用)が幸先の良くシーズン初戦を飾りました。

4位には、Jr.ナショナルチームで高校1年生の成田選手が入りました。

2日目SL。
昨日の暖かさから、一転!早朝から冷え込み、一時は-23度を計測。

コーチ陣も一度、部屋に戻りウェアの中に服を着足す程で選手には苛酷なレースとなりました。
その文コースは荒れず、気持ちの良いレースでした。
男女共に、表彰台のてっぺんに立ったのは!
サロモンの誇る高校1年生コンビ、成田選手&川浦選手、2人共ほぼ完璧な滑りで、見事な優勝でした。

男子2位には、昨日優勝の小林選手が入りました。

明日からのGS2連戦も期待大です。

西澤

Hiroaki.Horikawa

2009年11月25日 (水)

北大湖FIS参戦

Dsc03284

万龍リゾートで行われているサロモン合宿から、一部メンバーは丸1日かけ吉林省にある、北大湖スキー場に移動してきました。

こちらでの目的はFISレース参戦。

北大湖スキー場は、万龍スキー場と違い、雪が少なく・・・
昨日の夜に、急遽レース日程が変更!
前半でスラロームのレースが行われることになりました。
そこに追い討ちをかけるように、昨夜は雨・・・

大会前日の今日、サロモンチームは午前中、大会コースを使っての合同GSトレーニングに参加。、
中々ハードなコース、そして日本に似た雪質で荒れたコースに手こずりながらも3本滑る事が出来たのは大きいと思っています。

午後は秋田県スキー連盟さんにポール50本をお借りし、明日のレースに備えSLの調整を行いました。
こちらは昨夜の雨→早朝の冷えで、ピカピカのバーンになり、良いトレーニングが出来ました。

いよいよ明日はレース本番!
気合を入れて頑張りたいと思います。

hidekazu nishizawa

2009年11月23日 (月)

中国遠征 7

今日の万龍スキー場は、朝から暖かい1日となりました。
暖かい1日とはいえ、正確な気温はわかりませんが、-5℃位はあったのでは・・・?
慣れというのは恐ろしいですね。

トレーニングですが、午前中は金龍上部のコースで、レースさながらの48ターン!!
そのロングセットを4本滑った後、2つに分けた22~25ターンのセットに変えて、
3本のパーツトレーニングをしました。
選手達は相当疲れたのではないでしょうか!?
午後になり、金龍下部の緩斜面のコースで、35秒程度のセットを5本滑りました。
今日からブロワーを使い、動作の変化からタイムにどのような影響が出るかを確かめています。

Photo

TAKESHI KANEDA

2009年11月22日 (日)

中国遠征 6

本日も北大湖出場選手は、早朝練習を行いました。

Photo

薄暗い中、セットをしていますが、セットを終えると滑れる明るさになります。
SL実践ゲートを7本滑り、北大湖出場選手は移動していきました。
短い期間でしたが、この遠征で吸収した事を北大湖のレースで発揮して欲しいですね。

その他の選手は、午前中に約1時間30分フリースキーをして、
13時30分から、SLロングポールの基本トレーニングをしました。


今日からサロモンチーム選手を紹介したいと思います。
第1弾として紹介するのは、武田未波選手(専門職組合SC)!!!
Minami_2_2

昨年の全日本選手権SL優勝、国内ランキング5位の選手です。
武田選手の今季の目標は、FEC種目別チャンピオンとナショナルチーム入りを果たす事。
社会人選手として、厳しい環境ではあると思いますが、さらに高い意識を持って飛躍してもらいたいです。

Minami_1

TAKESHI KANEDA

2009年11月21日 (土)

中国遠征 5

本日21日は、週末という事で早朝練習でした。
まだ日が昇っていないAM6:30にリフト乗車し、7:00~9:00の2時間でゲートトレーニング。
ヤブリで開催されるコンチネンタルカップに出場する選手と遠征期間中トレーニングのみの選手はOFFとなり、
FIS北大湖に出場する選手5人だけのトレーニングになりました。
FIS北大湖出場選手のトレーニング日数が残り2日間となりましたので、
集中力を高めて、SLの実践トレーニングです!
選手達は気合十分!
Photo_2

明日も日曜日なので、北大湖選手は早朝練習となります。
残りの選手は、午前中フリー滑走をし、午後からSLゲートトレーニングです。

いよいよ明日から、第2クールが始まります。
第1クール以上に、積極的な姿勢が出ると良いですね!

TAKESHI KANEDA

2009年11月20日 (金)

中国遠征 4

朝から最高の天気!
山頂-22℃にもかかわらず、風が無い分、心地よい1日なりそうです。

Kaneda_5

よっしゃー!今日も張り切っていきますか!!!
天気が良いという事で、山頂にて集合写真。

Photo

いざ、トレーニング開始!
この時期にこんな素晴らしい環境の中でトレーニングできるのは最高です!

Photo_2
コースの長さ、雪質、斜度etc
万龍のクオリティ最高!!!



Photo

Photo_2
選手達は追及しています!!!

TAKESHI KANEDA

2009年11月18日 (水)

中国遠征 3

本日も万龍スキー場は-19℃の 極寒でした!!
しかし、非常に良いトレーニングができています。
昨日に引き続き、午前・午後共にGSのトレーニングを行いました。
午前中は、金龍コース下部にて緩斜面のゲートを10本、
午後は、金龍コース上部にて中急斜面のゲートを7本消化しました。
両コースとも25~30ゲート立ちますので、この時期のトレーニングとしては最高です。

今回の遠征メンバーは、高校生以上の選手が大半を占めていますが、
そのメンバーの中に混じって、中学生の選手が2名参加しています。

写真は、金龍コース上部でトレーニングしている唯一の中学生女子選手、山口夏未選手です。

Natsumi_6

毎日、スキートレーニングの後に、全員でコンディショントレーニングで汗をかき、
夕食後にビデオミーティングで、各自のテーマの再確認をしています。

Photo_2

TAKESHI KANEDA

2009年11月17日 (火)

中国遠征 2

中国遠征3日目は、GSのショートポールとロングポールをしました。
例年のスケジュールでは、4,5日程度フリースキートレーニングを消化してから、
ポールトレーニングに移行していきますが、今年は北大湖で開催されるFISレースに参戦する選手が数名いるという事から、若干展開を早めてのトレーニングになっています。
選手達は、マテリアルにも慣れてきて、徐々に良い感覚を掴んできているのではないかと感じています。
言われた事ばかりを実行するのではなく、自分で考え、チャレンジするという気持ちを強く出して、より多くの事を吸収して欲しいです。

今日の万龍は・・・極寒でした!!!
午前・午後共に、上部の金龍コースでのトレーニングでしたが、スタート地点は-21℃dash
極寒な上に風が強く、2本滑って休憩をしないと体がもちません・・・
明日以降も今日と同じ状況が続くと思いますので、1本1本の大切さを感じながら、内容の濃いトレーニングにしていきます。

写真は、休憩でホッとしている選手達ですgood
Photo_9

TAKESHI KANEDA

2009年11月15日 (日)

中国遠征 1

11月14日~12月3日の20日間の日程で、サロモンチーム中国遠征がスタートしました。
今回の遠征には、中学生から社会人まで、各年代の今季期待ができる23名の選手が参加しています。

初日となる15日は、新しいマテリアルに慣れる事と滑りの基本となる『スキーにバランス良く乗る』という事を重視したトレーニングとなりました。
選手達には、千葉ヘッドコーチからのアドバイスを可能な限り吸収してもらいたいと思います。

ここ万龍スキー場の寒さは厳しく、トップで-19℃あります・・・
明日はさらに冷え込む予報なので、体調管理には十分注意しつつ、効率の良いトレーニングをしていきたいと思います。

今後も遠征の情報を随時アップしていきます!

2009_1_3

TAKESHI KANEDA